• トップ

落ち着いた雰囲気の和装結婚式

日本ならではの「和装の結婚式」に憧れを持っている方は、けっこう多くいらっしゃるのではないでしょうか。和装で式を挙げるなら、形式も、和装にふさわしいものを選ぶことになります。和装の式を挙げる場合の主な形式には、「神前式」「仏前式」「人前式」の3つがあります。「神前式」は、神様にお二人の結婚を報告し、感謝を伝えるかたちを取ります。場所は、もちろん神社で行う方もいらっしゃいますし、ホテルや式場にも、行える会場があります。その場合は、神主さんに会場に赴いてもらうかたちになります。「仏前式」は、仏様と先祖にお二人の結婚を報告し、感謝を伝えるものです。仏教では、「来世でも同じ人と結ばれる」という教えがありますから、来世まで末長く連れ添うことを誓う、という意味合いもあります。「仏前式」に対応してくれるホテルや結婚式場は少なく、両家の菩提寺や自宅の仏壇の前などで行うことが多いようです。「人前式」は、特に宗教にはこだわらず、参列者に結婚を承認してもらう、というスタイルの式です。会場はお二人のお好きな場所で、形式にはこだわらずに行うことができます。洋装での式ももちろん素敵ですが、せっかく日本に生まれたのですから、和装の式、というのもいいかもしれません。

結婚の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP